ホーム > ニキビ > ツルツルなお肌へなるための日常の光景

ツルツルなお肌へなるための日常の光景

ニキビのないツルツルなお肌へなるための私の日常の光景を紹介します。
私は小学6年生の頃から20歳頃までずっと肌荒れ、ニキビで悩んでいました。
初めてニキビで悩み始めた小学生の頃はおでこにニキビが集中しており、その時はとにかく隠すことに集中しており、前髪で隠して過ごす日々でした。
体育の時間では走ったりすると前髪が上がり、ニキビが見えてしまうことがとても嫌でした。
中学生になる頃には頬のあたりにもニキビができるようになり、

それまではただ洗顔で洗うことがニキビ対策だと思っていましたが、いよいよ皮膚科で診てもらうことになり、洗顔にプラスして塗り薬を使用し、使用しはじめたら、今まで悩んでいたニキビが嘘のように小さくなっていき治すことができました。
ただ、ニキビが治って薬の使用を止めるとまたニキビが出始め、薬をやめてはまた使いという日々が続きました。
その中で良いと言われる洗顔料もいろいろ試し、高校生の頃にようやく肌が落ち着いてきました。
学校を卒業し社会人になってからまたニキビに悩む日々が始まります。
慣れない仕事へのストレスや、不規則な勤務状況の中で食生活も乱れ、ストレス解消にと甘いものを食べ、今回のニキビはアゴの周りに集中しており、皮膚科で診てもらうと30代の人ができるところにできていると言われとてもショックだったことを覚えています。
成人式までには絶対治すという思いで良いと言われるものは全て試しました。
結果、一番効果的だったのが、薬のように即効性はありませんが食事改善で玄米を食べるようにしました。
1ヶ月経った頃からニキビが治りはじめ、治り始めるともっと綺麗にしたいとスキンケアも頑張り、スキンケアで効果的だったのが、洗顔で洗いすぎないこと、肌を擦らないことと、サッパリとした使用感の化粧水をたっぷり与えることで嘘のように綺麗になり、今ではニキビに悩むことはなくなりました。
ニキビで悩んでいる人がいたら是非教えてあげたいです。

ニキビと毛穴ケアも出来るどろあわわが優秀